リーボック × ヴィクトリア・ベッカム、バレエ着想のダンススカート&ネオンカラーシューズ

リーボック(Reebok)とヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)がコラボレーション。ユニセックスで着用できる「リーボック × ヴィクトリア・ベッカム」が、2019年7月25日(木)より順次発売される。

ダンス&エクササイズ着想のユニセックスウェア

2度目のコラボレーションとなる「リーボック × ヴィクトリア・ベッカム」では、第1弾をさらに進化させたユニセックスで着用できるストリートウェア・コレクションを展開。インスピレーション源は、ヴィクトリアが日々行っているストイックなエクササイズと、ダンサーとしての経験だ。

スポーツウェアのエッセンスと、トレンド感、80年代~90年代のムードをミックスして、アパレル・シューズ・アクセサリーをデザインした。

アースカラー×ネオンカラー

キーカラーはアースカラー。カーキやネイビーなどのミリタリーカラーに、スモーキーなピンクを組み合わせた。また、旬なネオンカラーをアクセントにプラスオン。落ち着きのあるアースカラーに、パキっとしたネオンイエローをマッチさせて、躍動的な要素をプラスした。

ネオンカラーのスニーカー

RBK VB ボルトン ソックロー 30,240円(税込)
RBK VB ボルトン ソックロー 30,240円(税込)

コレクションのメインとなるシューズは、リーボックが90年代に発売したランニングシューズ「ボルトン(Bolton)」をベースに、アレンジしたもの。シューレースにネオンカラーを大胆に起用して、プレイフルなデザインに仕上げている。

オーバーサイズアウター

RBK VB アノラック 54,000円(税込)
RBK VB アノラック 54,000円(税込)

アウターウェアは、バリエーション豊富なラインナップ。ウインドブレーカー、ボンバークルーネック、アノラックを取り揃えた。80年代から90年代初頭にかけてのファッションへのオマージュとなっていて、ブランドロゴとグラフィックを印象的に使用している。ユニセックス仕様のオーバーサイズもポイントだ。

バレエ着想のダンススカート

左) RBK VB ダンス スカート 14,040円(税込)
左) RBK VB ダンス スカート 14,040円(税込)

また、バレエからのインスピレーションのもと、アンダーウェアやアパレルをデザインした。ブラジャーはフィット感があり素肌感覚で纏える、ストレスフリーな仕様。繊細な素材で仕上げたオフショルダーのトップスや、エアリーなダンススカートも揃っている。

from https://www.fashion-press.net/news/52132

ユニクロUT『はじめの一歩』『進撃の巨人』など週刊少年マガジンの歴代人気漫画のTシャツ

ユニクロ(UNIQLO)のTシャツブランド「UT」から、週刊少年マガジンの60周年を記念した新デザインが登場。2019年8月12日(月)より国内ユニクロ大型店およびオンラインストアにて販売する。

60年の歩みを振り返る人気作をピックアップ

『魔法先生ネギま!』
©赤松健/講談社

ユニクロが展開する「UT」でも人気を博す、「マンガ」や「アニメ」作品をテーマにしたコレクション「MANGA UT」。

今回、新たに登場するのは、『はじめの一歩』『FAIRY TAIL』『七つの大罪』 『進撃の巨人』 『魔法先生ネギま!』 『将太の寿司』の計6作品をテーマにした新作だ。週刊少年マガジンの60年の歩みを振り返るような名作を揃えた。デザインには、作品の名シーンや漫画ならではの擬音、作者による作画の特徴、作品の世界観を反映している。

はじめの一歩

『はじめの一歩』
©森川ジョージ/講談社

いじめられっ子の主人公・幕之内一歩が、ライバル達との戦いを通じて成長していく、森川ジョージによるボクシング漫画『はじめの一歩』。Tシャツには、森川の作画の特徴である“飛ばし”と言われる技法と、キャラクターの躍動感や臨場感を伝える擬音を反映した。

FAIRY TAIL

『FAIRY TAIL』
©真島ヒロ/講談社

真島ヒロによる『FAIRY TAIL』は、火の滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)・ナツと、彼の所属するギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の絆と成長を描く冒険ストーリー。その世界観は、「妖精の尻尾」に所属する4人を描いたものと、最強の敵として登場するアクノロギアのもの、2枚を掛け合わせることで完成する。

進撃の巨人

『進撃の巨人』
©諫山創/講談社

諫山創による名作『進撃の巨人』もデザインとして採用。作品の特徴を最大限に表現するため、巨人をありのままデザインに反映した。壁の中から巨人が今にも飛び出してきそうなインパクト大な1枚だ。

from https://www.fashion-press.net/news/52235

プチバトーから仏・絵本キャラクターのTシャツ発売 -ベビーからキッズ、大人向けまで

 
Tシャツ (2~5才) 2,800円+税、(6~10才) 3,000円+税

プチバトー(PETIT BATEAU)から、フランスの老舗出版社「エコール・デ・ロワジール(l’ecole des loisirs)」とのコラボレーションアイテムが、2015年6月5日(金)より発売される。

キッズとベビーに向けのユーモアあふれる、アンダーウェアやTシャツがラインナップ。いたずら好きなひよこや食いしん坊なワニ、うぬぼれ屋のオオカミ、人気者で勇敢なタコ、頑固な子犬といったキュートなキャラクターたちを、プチバトーのアイコニックな真っ白なウェアにあしらった。あわせて、大人向けのTシャツも登場。ユニセックスで着られるので、家族でお揃いのコーディネートが楽しめる。

 
左) キャミソール (2~5才) 2,000円+税、(6~10才) 2,200円+税
右) Tシャツ(ユニセックス) 4,500円+税

また、コラボレーションを記念して、名古屋と東京で、ダンスワークショップを開催。フランス人コンテンポラリーダンサーの指導のもと、色々な動物の動きや振りつけを子供たちと楽しく踊れるイベントだ。

from https://www.fashion-press.net/news/16705

ロエン×5351プール・オム、花・レオパード・‟骨”を合わせたアロハシャツ&Tシャツ


左) Tシャツ「Roen produced by HIROMUTAKAHARA x 5351POUR LES HOMMES ALOHA C/S」 20,000円+税
右) アロハシャツ「Roen produced by HIROMUTAKAHARA x 5351POUR LES HOMMES」 30,000円+税

ロエン プロデュースド バイ ヒロムタカハラ(Roen produced by HIROMUTAKAHARA)のブランド設立15周年を記念して、5351 プール・オム(5351 POUR LES HOMMES)とのコラボレーションアイテムが、2016年5月上旬より発売される。

今回登場するのは、アロハシャツとアロハTシャツの2点。互いにロックな世界観とエレガントを併せ持つ両ブランドは、他にはない「リゾート」をテーマに選定。「アロハ」というキーワードを5351 プール・オムが提案し、ロエンのデザイナーである高原啓がグラフィックを担当した。

黒生地に花々やレオパード柄をあしらったアロハ柄には、さらに骨を散りばめて、さりげなく毒っ気を忍ばせる。夏らしさの中に、ダークなスパイスを利かせたデザインからは、ロエンのセンスが感じられる。Tシャツ・アロハシャツともに、コラボレーションを証明するダブルネームのタグ付きだ。

なお、ロエンは、ブランド15周年の節目である今年、様々なコラボレーション企画の展開を予定している。

from https://www.fashion-press.net/news/23187

エミリーテンプルキュート「マリーナベア」、マリン帽をかぶったテディベアのワンピースなど

エミリーテンプルキュート(Emily Temple cute)は、「マリーナベア」シリーズを2018年4月28日(土)より展開する。

 
左から) マリーナベアワンピース(アイボリー/ブルーグレー) 各27,800円+税

「マリーナベア」は、双子のテディベアをメインビジュアルとしたワンピースやボーダーベレー、ネックレスなどのマリンルックシリーズ。

クラシカルな「マリーナベアワンピース」は、ホワイト地にブルーのラインが入った襟元が特徴的だ。カラー展開はアイボリーとブルーグレーの2色で、アイボリーでは青色の、ブルーグレーではピンクのマリン帽をかぶった可愛らしいベアが全体に描かれている。

 
左から) マリーナネックレス 8,800円+税/マリーナリング 3,800円+税

また、ベアの持つトランクが立体的にデザインされたネックレスや船舶用浮き輪をあしらったリングのほか、ティーカップ型ポーチやリボン付きパフカーディガンなどもラインナップ。夏らしく遊び心にあふれたアイテムばかりだ。

from https://www.fashion-press.net/news/39420

グラニフ「ウルトラマン」Tシャツ、”バルタン星人”シャツ&”ピグモン”ワンピースも

グラニフ(graniph)から、ウルトラマンを描いたユニセックス&キッズ用Tシャツ、レディース向けワンピースなどが登場。

 
左)Tシャツ 1枚2,500円+税、2枚で4,000円+税
※オンラインストアは1枚2,000円+税 ※5,000円未満は送料負担のため
右)ロングスリーブ シャツ 6,500円+税

幅広い世代から高い人気を誇る特撮作品、ウルトラマン。グラニフのアイテムに、ウルトラマンをはじめ、人気のウルトラ怪獣からマニアックな星人まで多彩なキャラクターが集結する。

展開されるアイテムは全29種類。スペシウム光線を放つウルトラマンを配したTシャツや、エレキングの体の模様を表現したパーカー、バルタン星人を描いたロングスリーブシャツなどはユニセックスで取り揃える。

 
左)レディース  ロングスリーブ ワンピース 4,500円+税
右)キッズロングスリーブ スウェットブルゾン 4,980円+税

レディース向けには、ピグモンのシルエットを並べたロングスリーブワンピースや、三面怪人ダダになり切れるシャツワンピースを用意。キッズには、大人と揃えて着用可能なTシャツや、ウルトラマンとウルトラ星人を刺繍したブルゾンが展開される。

from https://www.fashion-press.net/news/43143

ユニクロUT「Girls Don’t Cry」ヴェルディのグラフィックを乗せたワンピース

ユニクロ(UNIQLO)の「UT」から、グラフィックデザイナー・ヴェルディ(VERDY)とコラボレーションしたウィメンズ&キッズコレクション「ライズ アゲイン バイ ヴェルディ UT(RISE AGAIN BY VERDY UT)」が登場。2019年5月27日(月)より全国のユニクロ店舗およびオンラインストアにて発売される。

グラフィックデザイナー・ヴェルディとは?

© VERDY

ヴェルディは、ストリートシーンで注目を集めているグラフィックデザイナー。「Girls Don’t Cry(ガールズ ドント クライ)」「ウエステッド ユース(WASTED YOUTH)」などのプロジェクトを手掛ける傍ら、アンダーカバー(UNDERCOVER)やヒューマンメイド(HUMAN MADE)、ダブルタップス(WTAPS)といった日本のブランドともコラボレーションしてきた。

ポジティブなメッセージをグラフィックで表現

ウィメンズ UT 1,500円+税
ウィメンズ UT 1,500円+税
© VERDY

そんなヴェルディと「UT」がタッグを組んだ「ライズ アゲイン バイ ヴェルディ UT」。環境が変わっても、ここからさらに上を目指したいと願いを込めた“RISE AGAIN”をテーマに、ヴェルディ自身が日々の生活の中で思いついたポジティブなメッセージをTシャツにプリント。ウィメンズ8柄、ウィメンズ ドレス5柄、キッズUT4柄を展開する。

Tシャツ

ウィメンズ UT 1,500円+税
ウィメンズ UT 1,500円+税
© VERDY

Tシャツは、新しいことに挑戦していきたいという想いを込めた“Break the Mold”や、“LIVE FAST LIVE LONG”などのテキストを、ヴェルディならではの特徴的なグラフィックでデザイン。ボクシーなオーバーサイズで女性らしいシルエットに仕上げた。

ウィメンズ ドレス

ウィメンズ ドレス 1,990円+税
ウィメンズ ドレス 1,990円+税
© VERDY

また、ウィメンズ ドレスにもグラフィックをデザイン。“CRANK IT UP”“ラン オン ザ ラン”など、Tシャツでは展開されないものも用意する。

キッズ

キッズ UT 990円+税
キッズ UT 990円+税
© VERDY

キッズサイズでは、真っ赤なボディに“I’m the Luckiest”の文字をイエローでのせ、ポップなカラーリングに仕上げた。

from https://www.fashion-press.net/news/49988

アトウ 2016年春夏コレクション – 衣服と肉体に生じる空間で表現、新提案のジェンダースタイル

アトウ(ato)が2016年春夏コレクションを発表。「スパツィアリスモ(空間主義)」というテーマを掲げる今季は、服と体に生じる空間の増減により着心地の良さを追求。ミニマルなスタイリングの中に、イレギュラーなフォルムを織り交ぜて、エッジの効いた新しいジェンダースタイルを披露する。

 

今シーズン目立ったのはレイヤードを意識したアイテム。例えば、開閉式のスリットを入れたロングカーディガン、ベストを一体化したブルゾン、軽量感あるガウンなど。そこに、様々な丈のボトムスを合わせることで絶妙なバランスを構築している。

また、コクーンコートなどで見られたドロップショルダーは、しなやかな楕円形のシルエットを描く。ナチュラルに肩のラインを浮き立たせて、服のボリューム感と体のシャープさのどちらもを具現化。男性的な面と女性的な面のバランスをとりながら、独自のジェンダー感を表現する。

そして、シルエットだけでなく素材の使い方にも注目したい。これらの服は、異素材で前身頃、後ろ身頃、袖などを切り替えているものがほとんど。ドビー、鹿の子、オックスといった凹凸のある生地に、薄いジャージカットソーなどを違和感なく合体。すべてを連動させて、軽やかなラインと快適な着心地へと導いている。

 

構造的なバランスの変化を付けたデザインとは一転、白シャツと黒いパンツというプレーンな組み合わせから、新たな魅力を引き出す試みも。ジャージではなく、通常よりも細い繊維の糸で縫い上げられたホワイトシャツは、適度にハリのある柔らかなもの。それを、ハイネックやボートネックシャツ、機能的なスリットを入れたロングシャツというバリエーションで提案している。

さらに、今季はサマーウールとカットソーを用いたジャケット、パンツ、Tシャツによるスリーピースのセットアップが完成。ベーシックカラーにピンストライプを施したシンプルなデザインは組み合わせを選ばない。上着を省いたり、白シャツにタイを締めたり、カジュアルにもフォーマルにも使えるドレスパーツだ。

from https://www.fashion-press.net/news/19588

3代目JSB・NAOTOのスタジオ セブン×スケッチブックスリー、Tシャツやインテリア雑貨を展開

スタジオ セブン(STUDIO SEVEN)とアーティスト・スケッチブックスリー(sKetChboOok3)のコラボレーションアイテムが登場。2019年5月22日(水)より、スタジオ セブン中目黒にて発売される。


ショートスリーブTシャツ 10,800円(税込)

スケッチブックスリーは、ペインターであり、自身を“挿絵屋 楽描屋”と呼ぶアーティスト。自身がリスペクトするファッションや音楽、映画の人物を描き、誰からも愛されるチャーミングなタッチが特徴だ。

そんなスケッチブックスリーが2019年元旦に続き、EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSのNAOTOがクリエイティブ・ディレクターを務めるスタジオ セブンとコラボレーションを実施。アパレルをはじめ、クッションなどのインテリア雑貨が登場する。


クッション 7,560円(税込)

アイテムに共通して描かれるのが“7”をモチーフにしたアイコニックなキャラクター。“LOVE”と“BALOON”の2種類をテーマにした、スケッチブックスリーらしいプレイフルなデザインが目を惹く。アイテムをポップに彩る色使いにも注目したい。


ショートスリーブスウェット 16,200円

Tシャツやショートスリーブスウェットは、ビンテージからインスパイアされたフィット感が特徴。大きめの身幅によるリラックスした着心地がポイントだ。

また、前回コラボレーション時に好評を博した額装されたアートワークも、直営店限定で2種各10枚ずつ販売。こちらも見逃さずにチェックしたい。

from https://www.fashion-press.net/news/49998

マインデニム×ワコマリア、大胆トラ柄プリントのハワイアンシャツ発売

マインデニム(MINEDENIM)とワコマリア(WACKO MARIA)によるハワイアンシャツが、マインド、マインデニム正規取扱店、オンラインストアにて発売。


マインデニム×ワコマリア ハワイアンシャツ 30,000円+税

今回のコラボレーションでは、ワコマリア2015年春夏コレクションにて登場したトラ柄を、キュプラデニムのハワイアンシャツに大胆にプリント。デニムブランドであるマインデニムならではの素材感が楽しめる1着だ。

また、シルエットやボタンなどのディテールは、マインデニムがアレンジ。レッド、ブラック、ホワイトの3色展開で、どの色を選んでも1枚で主役級のアイテムとなっている。

from https://www.fashion-press.net/news/49745