ミーンズワイルの新作メンズシャツ – メッシュやポケットを配した機能的&快適なデザイン

ミーンズワイル(meanswhile)は、2019年春夏の新作メンズシャツを2019年3月上旬に、ジャーナルスタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD relume)表参道、代官山などで発売する。


Transition Color Ventilate S.S 23,000円+税

今回登場するのは、光沢感と柔らかな風合いを保つスーピマオックスフォードと、ドレスシャツのようなハリ、着心地の良い柔らかさを両立したタイプライターストライプ生地の2素材。それぞれ、半袖と長袖を用意する。

見る角度によって色が変わるオックスフォードシャツは、表情豊かな仕上がりが魅力。半袖タイプは、胸ポケット部分と背中ヨーク部分の裏地をメッシュにすることで、通気性を向上させている。


Crisp Stripe SH 30,000円+税

タイプライターストライプのシャツには、通常の密度よりも限界まで高密度に織った生地を採用。反撥樹脂加工を施すことにより滑らかでシワになりにくいように仕上げている。長袖シャツの腰の部分にはポケットを配し、前立てウエスト部分のボタンホールのみ横向きにするなど、機能的かつ快適なディテールが施されている。

from

https://www.fashion-press.net/news/48007