秋冬セーターのレディースコーデ – ざっくりニット&ゆるニットの着こなしを人気ブランドから紹介

温かさと安心感を与えてくれるニットは秋冬のマストアイテム。2018-19年秋冬シーズンも、様々な編地やフォルムの魅力的なニットアイテムが各ブランドから勢揃いしている。

本記事では、編目模様や装飾が華やかな民族調の“ざっくりニット”や、色柄・形で個性を見せる“ゆるニット”に注目。セーターだけでなくニットワンピースやセットアップなどもピックアップし、人気ブランドのコレクションルックから最新のおすすめニットスタイリングを紹介する。

ざっくりニット×フォークロア

〈sacai〉

sacai(サカイ)は、フォークロア調ニットのセットアップを提案。イーグルモチーフや、幾何学的な模様がアイキャッチだ。大胆なスリットで同柄のニーハイソックスを見せ、足元にはレオパードのショートブーツを選ぶなど、活動的な印象を演出している。

〈エズミ〉

エズミ(EZUMi)のニットは様々な網目模様を組み合わせ、柄も形もアシンメトリーに仕上げた1着。クラフト感の温もりを感じられる、穏やかな表情が魅力だ。組み合わせたのは、内側にプリーツのレースをあしらったブラックのロングスカート。フェミニンでありながら、優雅で凛とした着こなしを提示した。

〈マメ〉

陶器のような色彩で民族調の模様を表現したのはマメ(Mame Kurgouchi)。襟ぐりの広いドルマンスリーブのセーターの下には分量のある袖のニットを重ね、極端なフォルムのコクーンスカートを組み合わせるなど、緩急をつけたユニークなシルエットで着こなしている。

〈Y’s〉

Y’s(ワイズ)のニットセットアップは、襟、袖、打ち合わせ、裾にあしらわれたフリンジが無骨な雰囲気を放つ。ドレッシーに着ることもできるが、足元にドクターマーチンのブーツをセレクトし、締まりのあるスタイリングに仕上げている。

色/柄で差をつける個性派ゆるニット

〈ステラ マッカートニー〉

ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)は、英国の田園風景から着想を得たニットを展開。ベージュ、パープル、グレーなど、スモーキーな色味を繋ぎ合わせ、どこかアーティスティックなムードが漂う。グレーのマニッシュなパンツをコーディネートし、優しくニュートラルなスタイリングを作り上げた。

from https://www.fashion-press.net/news/42603