ユニクロのTシャツ「UT」新作2019 – ディズニーやマーベルなどメンズ&ウィメンズ一挙紹介

ユニクロ(UNIQLO)のグラフィックTシャツブランド「UT」より、2019年春夏シーズンの新作が続々登場。Tシャツというキャンバスの上で、音楽、マンガ、映画、アニメといった旬のポップカルチャーをユニクロ独自の視点から表現する。

ディズニーとの「マジック フォー オール」プロジェクト

© Disney

ディズニーとの「マジック フォー オール」プロジェクトからは、スクリーンデビュー90周年を迎えるミッキーマウスのスペシャルコレクションが登場。デビュー作『蒸気船ウィリー』から、モノクロのミッキーマウスを描いたレトロなグラフィックを展開するほか、これまでの歩みを想わせる世代ごとのミッキーマウスを描いたグラフィックもラインナップする。

ピーナッツではサーフィン&スケボーを楽しむスヌーピーが

© 2018 Peanuts Worldwide LLC
© 2018 Peanuts Worldwide LLC

オリンピックイヤーに向けてスヌーピーもスポーツに果敢に挑む!?今シーズンは、スケ―トボードとサーフィンを楽しむスヌーピー、そしてウッドストックやチャーリー・ブラウンら仲間たちが登場する。

マーベルキャラクターは、NYのイラストレーターによって遊び心いっぱいに

© 2018 Marvel
© 2018 Marvel

スパイダーマン、アイアンマン、キャプテン・アメリカといったマーベルのキャラクターたちも、引き続き登場。今回は、アーティストとのコラボレーションを展開する「SPRZ NY」においてもユニクロとタッグを組んだ、ニューヨークを拠点に活躍するイラストレーター、ジェイソン・ポランによって描かれた。ハルクのこぶしや、街を見下ろすスパイダーマンなど、独特の手書き風イラストはメンズもウィメンズも楽しめるポップなデザインだ。

日本のお菓子をモチーフにした「ザ・ブランズ」

これまでも多方面のブランドとコラボレーションを続けてきた「ザ・ブランズ」では、今回日本発の“お菓子”をピックアップ。不二家の人気者ペコちゃん、明治のマーブルチョコレートやアポロ、森永のハイチュウなど、日本人なら誰もが馴染みある“お菓子”に纏わるモチーフを採用している。

レジェンドから新進気鋭のアーティストとコラボレーション

錚々たるアーティストとコラボレーションを展開するUTのアートシリーズ。今シーズンの「SPRZ NY」も引き続き、アンディ・ウォーホル、キース・ヘリング、バスキアら巨匠の作品が登場。また、旬なアーティスト3名ともコラボレーションプロジェクトを開始。アムステルダム出身のタイポグクラフィアーティストであるピーター・カイザー、映画監督や女優、アーティストなどマルチに活躍するミランダ・ジュライ、日本にある日常品や人物を水彩画のような独特のタッチで描くグレイス・リーと初めてコラボレーションすることで、アートを日常に身に着ける楽しさを教えてくれる個性豊かなデザインが揃う。

from https://www.fashion-press.net/news/45098