ディオール コピーの新作ロゴTシャツ「WE SHOULD ALL BE FEMINISTS」

ディオール コピー(Dior)の2017春夏コレクションから新作ロゴTシャツ「WE SHOULD ALL BE FEMINISTS」が登場する。2017年春夏コレクションは、ディオールの転機のシーズン。メゾン初の女性アーティスティック ディレクターであるマリア・グラツィア・キウリが、フェンシングをキーワードにして、男女の性差を縮めたいという想いをのせたウェアを披露した。

ディオール 2017春夏コレクションより

視線をひきつける「WE SHOULD ALL BE FEMINISTS」と書かれたディオール Tシャツ コピーもその1つだ。“私たちはみなフェミニストであるべき”を意味するこのメッセージは、2014年に出版されたフェミニスト作家であるチママンダ・ンゴズィ・アディーチェによるエッセイのタイトルが基。本書には、男女の性差に縛られることなく、ありのままの自分で生きるべきだという前向きなメッセージが込められていた。

ベースがシンプルな白いTシャツだからこそ、そのメッセージが際立っている。ランウェイでは、ラグジュアリーな刺繍で飾られたロングスカートを合わせているが、デイリーにはデニムなどのカジュアルな合わせ方も楽しめそうだ。また、コーディネートのお手本となる、ジェニファー・ローレンスやナタリー・ポートマン、リアーナといったセレブたちの着こなしもキャッチされている。ジャケットをあわせてマニッシュに、あるいはデニムとあわせてカジュアルに……、彼女たちもそれぞれ“自分らしく”着こなしている。

なお、このディオール スーパー コピーTシャツは2017年春夏コレクションとともに、伊勢丹新宿店本館でと阪急うめだ本店で開催される限定ストアでも展開される。

FROM:https://www.fashion-press.net/news/29530

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です