デヴァステ 2015年春夏コレクション – ワンピースが豊作、写真のコラージュプリントをポイントに

 

デヴァステ(DEVASTEE)が、2015年春夏コレクションを発表した。

今シーズンは、ワンピースが豊作だ。アシンメトリーワンピースやウィンドブレーカー風のAラインワンピース、コート風ワンピースなど幅広いラインナップ。足元はエナメルレースアップシューズ、またはフラットシューズを素足にあわせ、すっきりとした印象を与えた。

春夏コレクションに相応しい、涼しげなシースルーはキーポイント。シフォンやガーゼに、アイコニックなおばけやスマイルモチーフをあしらい重ね合わせることで、立体的なデザインを構築。またアシンメトリーもアクセント要素となり、スカートの丈が異なるワンピースや裾の長さが異なるトップスなど、エッジの効いたアイテムが提案された。

 

キュートなアイコンをあしらったモノトーンファブリックが、ランウェイを彩るなか、写真をコラージュしたプリントが異彩を放つ。故郷を描いたラグランスリーブトップスや花の写真を格子状に配したシャツは、どこか懐かしさを感じさせ、哀愁漂う仕上がりに。

シュールな世界観は、ファブリックだけでなく小物でも表現され、十字架をポイントにしたニット帽や大ぶりなネックレスなどが登場。今シーズンはシフォンやガーゼの透け感をうまく取り入れ、アイコニックなモチーフがオプティカル・プリントへと進化した、新たな黒と白の世界が披露された。

from https://www.fashion-press.net/news/14027

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です