アトウ 2016年春夏コレクション – 衣服と肉体に生じる空間で表現、新提案のジェンダースタイル

アトウ(ato)が2016年春夏コレクションを発表。「スパツィアリスモ(空間主義)」というテーマを掲げる今季は、服と体に生じる空間の増減により着心地の良さを追求。ミニマルなスタイリングの中に、イレギュラーなフォルムを織り交ぜて、エッジの効いた新しいジェンダースタイルを披露する。

 

今シーズン目立ったのはレイヤードを意識したアイテム。例えば、開閉式のスリットを入れたロングカーディガン、ベストを一体化したブルゾン、軽量感あるガウンなど。そこに、様々な丈のボトムスを合わせることで絶妙なバランスを構築している。

また、コクーンコートなどで見られたドロップショルダーは、しなやかな楕円形のシルエットを描く。ナチュラルに肩のラインを浮き立たせて、服のボリューム感と体のシャープさのどちらもを具現化。男性的な面と女性的な面のバランスをとりながら、独自のジェンダー感を表現する。

そして、シルエットだけでなく素材の使い方にも注目したい。これらの服は、異素材で前身頃、後ろ身頃、袖などを切り替えているものがほとんど。ドビー、鹿の子、オックスといった凹凸のある生地に、薄いジャージカットソーなどを違和感なく合体。すべてを連動させて、軽やかなラインと快適な着心地へと導いている。

 

構造的なバランスの変化を付けたデザインとは一転、白シャツと黒いパンツというプレーンな組み合わせから、新たな魅力を引き出す試みも。ジャージではなく、通常よりも細い繊維の糸で縫い上げられたホワイトシャツは、適度にハリのある柔らかなもの。それを、ハイネックやボートネックシャツ、機能的なスリットを入れたロングシャツというバリエーションで提案している。

さらに、今季はサマーウールとカットソーを用いたジャケット、パンツ、Tシャツによるスリーピースのセットアップが完成。ベーシックカラーにピンストライプを施したシンプルなデザインは組み合わせを選ばない。上着を省いたり、白シャツにタイを締めたり、カジュアルにもフォーマルにも使えるドレスパーツだ。

from https://www.fashion-press.net/news/19588