エレン・フライスとCOSMIC WONDERが染めて表す、消失と出現

エレン・フライスとCOSMIC WONDERが染めて表す、消失と出現
×(C)Sayuri Kobayashi

【10月23日 MODE PRESS】真っ白い空間に足を踏み入れると、壁にはセピア色の写真が、点在するラックにはモノトーンの服が並んでいる。10月16日から25日まで、南青山のCenter for COSMIC WONDERで、エレン・フライス「Disappearing」展が行われている。

エレン・フライス(Elein Fleiss)は1992年にインディペンデント雑誌の先駆けである『Purple Prose』をオリヴィエ・ザム(Olivier Zahm)とともに刊行し、以降『Purple』『Hélène』『The Purple Journal』など、アートとファッションを中心とした個人出版の雑誌をつくり続けてきたフランス人編集者。展覧会ではエレンによる写真展示のほか、エレンが集めた古着をコズミックワンダーがリメイクしたコレクション「Autre Temps」(直訳すると、もうひとつの時間)の展示販売が行われている。今回はエレンの盟友であり、やはりインディペンデント雑誌『here and there』を出版する編集者の林央子の発案により実現した。

本展のタイトル「Disappearing」には、二つの意味が重ねられているという。そのひとつは、エレンの旧友ミシェル・ビュテル(Michel Butel)の喪失。ミシェルは『L’Autre Journal』など文学的かつ政治的な雑誌を創刊、編集したジャーナリスト・作家で、今夏逝去した。

「私は雑誌がアートやフィルムと同じくらい作り手と読み手にとって、美しく、大切な作品として存在すると思っている」(*)。あたかもエレンが発したものであるかのようなこの言葉は、ミシェルによるもの。「彼は私にとってとても大きな存在だった。私の人生に、詩と文学を結びつけてくれたから」と語るエレンは、まさに「美しく、大切な作品」としての雑誌を生み出してきた。

エレンは、90年代に雑誌をつくりはじめたときのことを「とにかく自由!自由!!自由!!!でした。直感と自発性によって、自分が愛するものをより多くの人と分かち合いたくて」と回顧するが、先達であるミシェルは、その情熱に薪をくべるような存在だったといえるのかもしれない。

from http://www.afpbb.com/articles/modepress/3194361