リーバイス×ビームス、“裏返し”501やデニムジャケットなど全5型発売

リーバイス(Levi’s)とビームス(BEAMS)がコラボレーション。「インサイド・アウトコレクション(THE INSIDE OUT COLLECTION)」が、2019年5月3日(金)よりリーバイス ストア 大阪店、ビームスのカジュアル店舗全店にて発売。なお、ビームス ジャパンでは、2019年4月26日(金)より先行発売される。

全5型からなる「インサイド・アウトコレクション」は、その名の通り、裏表を逆にした世界初のデザインで展開。赤耳と呼ばれるデニムのセルビッジ部分が表に出る仕様だ。


Inside Out Selvedge 501(27~36inch) 25,000円+税

中でも注目は、リーバイスの代名詞でもあるデニム「501」。単純に裏表を逆にするのではなく、内側に押されたスタンプや腰部分のパッチ、ポケットに取り付けられたギャランティーチケットに記載された文字を反転させた、こだわりのデザインだ。

 
左)Inside Out Trucker jacket(XS~XL) 29,000円+税、右)Inside Out Western Shirt(XS~XL) 22,000円+税

リーバイスの中でも名品とされるTYPEⅡジャケットも反転仕様に。また、袖と襟が切り返されたウエスタンシャツは、内側に反転パッチを施した。

 
左)Inside Out Kimono(XS~XL) 33,000円+税、右)Inside Out Graphic Tee(XS~XL) 4,800円+税

その他にも、今回のコレクションのために製作された着物型ブルゾンや、両ブランドの反転ロゴを配したTシャツもラインナップ。気になる人は早めにチェックしてみてほしい。

from https://www.fashion-press.net/news/49092

リーバイス認定古着デニムの限定ストアが伊勢丹新宿店メンズ館に – エンジニアド ガーメンツのコラボも

リーバイス(Levi’s)のユーズドデニムライン「リーバイス オーソライズド ビンテージ(Levi’s Authorized Vintage)」が、伊勢丹新宿店メンズ館の15周年を記念して、同館7階に2019年3月6日(水)から19日(火)までの期間限定ストアオープンする。


「エンジニアド ガーメンツ」ジャケット 80,000円+税

2017年にスタートした「リーバイス オーソライズド ビンテージ」は、古着市場でも高い付加価値を持つリーバイスにとって史上初となる認定ユーズドデニム専門ライン。ブランドが1点1点厳選したアイテムには、必要に応じて異なるカスタマイズや修理が施されており、一つとして同じものが存在しないオンリーワンなラインナップが魅力だ。


「モヒート」ジャケット 80,000円+税

また、同限定ストアのオープンを記念して、エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)、スロウガン(SLOWGUN)、モヒート(MOJITO)の3ブランドとのコラボレーションも実現。各ブランドが「リーバイス オーソライズド ビンテージ」のアイテムをベースに、それぞれの解釈でカスタマイズした限定品が販売予定となっている。

from https://www.fashion-press.net/news/47718